ランクル80

ランクル80 ファンが情報集めてみました

トヨタ・ランドクルーザー


ランクル80の バックドアは、スタンダード(1989年〜1993年)とGX

(1993年〜1998年)が70系同様、左右の幅が異なる観音開き、VXとVX

リミテッドが上下開きを採用しています


スタンダードにはオーバーフェンダーが装着されなかったが、GXにつ

いては後期型(1996年〜1998年)のワゴン及びバンのディーゼルター

ボに装着されていました



1995年にマイナーチェンジされた時は、テレビ及びラジオコマーシャ

ルが放映されました(CMソングは白鳥英美子が担当、使用車両はバンVXリミテッド)。

白鳥さんって あのトワエモアの?


オーストラリアでは、地元においてアトラクションツアー用に改造さ

れた、荷物室を窓1つ分延ばし、後ろの車軸を2軸とした、6輪車が存在

しました



ついでにでは ないですが ランクル100もちょこっと(笑)




100系ランドクルーザー
ランドクルーザーシグナスエンジンにV8,4700cc,DOHCの2UZ-FEを採用。ランドクルーザー100とランドクルーザーシグナスがあります

バンのVXには5速MTが設定されていましたが

2002年8月のマイナーチェンジを期に廃止されています



1998年1月フルモデルチェンジで100系に進化しました

装備が更にゴージャスになったんですね♪


2002年8月にマイナーチェンジを実施。ATが5速化され、内外装が変更。

2005年にはテールランプがLED化され、背面タイヤと観音開きのリアドアが廃止されてしまいました



一番の変更点はフロントの足回りです

コイル・リジッドサスからトーションバー・ダブルウィッシュボーン

式独立懸架サスへと変更、操舵方式もボールナット式か

らラック&ピニオン式へと変化を遂げ、より操安性重視となりました



コルゲーテッド ロード(乾燥した未舗装路を多くのクルマが高速で

走行することで洗濯板状になった路面のこと 圧雪路でも起こる)を

多く持つオーストラリアからの強い要望で、80系のコイル+リジッドの

フロント足回りを小変更のうえ流用した105と呼ばれるモデルが設定さ

れ、主にオーストラリア向けとして生産されています

さすが世界のTOYOTAです




北米向けはLX470を含めライトデューティー仕様となっています


アイシンAW製の乗用車用4A/Tを積んでいます

その他の仕向け地用のアイシン精機製のライトトラック用4A/Tを持つ

ものに比べ、重量が40kgほど軽くなっています


ランクル最高ですね♪
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。