ランクル80

ランクル80 ランドクルーザー80について
調べてみました

エンジンに、3F-E(1990〜1992)、1FZ-FE(1992〜1997)、1HD-T(1990〜1995)、1HD-FT(1995〜1997)、1HZ(1990〜1997)を採用しています

1989年10月、60系がフルモデルチェンジされ、80系が登場しました

ボディサイズが一回り大きくなりメインマーケットが北米やオースト

ラリア向けに開発されたモデルとなっています

ランクル80の 一番の変更点はパワートレインで60系のパートタイム

方式からセンターデフロック付のフルタイム方式へと変更したことではないでしょうか?


但しバンの一部グレードにはパートタイム4WD(スタンダード、GX)も用意されています


サスペンションは、前後共にコイルスプリングを採用しています

8人乗りのワゴンと5人乗りのバンが用意されています


80系へと進化したことにより装備もゴージャス化されSUV化され始め

たモデルでありました

オフロード性能はランクルの名に恥じない走りです

もうランクルの面目躍如!

100系はオンロード重視となりオフロード性能が落ちた為、あえて80系

に乗り続けるユーザーも少なくないです

貴方もそこがランクル80に乗り続ける理由では?



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。